イ・ソンギュンが自殺した理由3選!マスコミや薬が関係? | まんぷくおもろーちゃんねる

イ・ソンギュンが自殺した理由3選!マスコミや薬が関係?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ

韓国人俳優のイ・ソンギュンさんの訃報。驚きましたね・・

死因は自殺とのことです。

人気俳優が、なぜ自ら死を選んでしまわなければならなかったのでしょうか?

何か追い詰められていたことがあったのでしょうか。

最近のイ・ソンギュンさんにまつわる情報などをもとに解説していきます。

スポンサーリンク

イ・ソンギュンの訃報内容

12月27日、午前10時30分頃、韓国俳優のイ・ソンギュン氏が

ソウル市内の公園に止められていた自身の車の中で遺体で発見されました。

48歳でした。

妻のチョン・へジン氏が「遺書のようなメモを残して家を出た」と警察に通報したようです。

車内で練炭を燃やして自殺したとみられています。

イ・ソンギョン氏は、麻薬を使用した疑いで今年の10月頃から警察の捜査を受けていました。 

本人は違法薬物疑惑を一部否定しており、

亡くなる前日の12月26日にも、薬物使用が疑われていて悔しいという思いを吐露していました。

イ・ソンギュンの薬物疑惑報道の内容

まず、イ・ソンギュン氏の違法薬物使用疑惑の報道内容を簡単にまとめます。

  • 2023年10月、イ・ソンギュン氏が違法薬物使用の容疑で刑事立件された。

警察は同時に、同じ容疑でソウル・江南の遊興施設で働く女性Bさんも拘束しました。

イ・ソンギュンは、2023年の初めから女性(Bさん)の家で、数回にわたり大麻をはじめとする

数種類の違法薬物を使用した疑いが持たれていました。

尚、警察は報道があった10から12月の間で計3回、イ・ソンギュン氏に取り調べを行っていた矢先でした。

イ・ソンギュン氏は違法薬物だとは知らなかったと、容疑を一部否認していました。

イ・ソンギュンが自殺した理由3選!マスコミや薬?

1.脅迫されていた

イ・ソンギュン氏が違法薬物の使用疑惑で警察から捜査されていたことは

わかりましたね。この違法薬物使用には遊興施設で働く女性(Bさん)が関与しています。

イ・ソンギュン氏は、Bさんから恐喝や脅迫の被害を受けていたと主張

脅迫に苦しんでいたのでは?と予想もできますよね。

麻薬疑惑の報道後に所属事務所を通じて

Bさんから脅迫や恐喝を受けていたことをコメントしています。

事件と関連した人物であるB氏から継続的に恐喝や脅迫を受けており、
これに対して捜査機関に告訴状を提出した。

所属事務所”HODU&Uエンターテインメント”から発表されたイ・ソンギュンのコメント

その後、Bさんは、イ・ソンギュン氏から現金で約3億ウォン(約3,300万円)を受け取った

事実を認めました。

さらにはBさんだけではなく、名前も知らない人物であるA氏も恐喝の疑いで告訴しました。

イ・ソンギュン氏の主張としては遊興施設で働く女性(Bさん)と名も知らないA氏が

手を組んで自分のことを脅迫したと疑っていたようです。

3,300万円だなんて、高額すぎるお金を恐喝されていて渡したということは、

よほど何か追い詰められていたことがあったのかもしれませんよね。

2.睡眠障害に悩んでいた

イ・ソンギュン氏は、麻薬使用疑惑について、

警察からの取り調べで「不眠症治療薬かと思った」という趣旨の供述をしたそうです。

他にも調べた情報によると、

  • 睡眠薬と思って投薬した薬物をストローで吸入した
  • ストローを使って鼻から吸入したが、睡眠薬だと思った
  • 麻薬だとは知らなかった
  • Bさんが『処方された睡眠剤のようなもの』としながら渡してきた

などと言った趣旨の発言をされていたようで、もしかすると

不眠症などの睡眠障害に悩んでいたのではないか?と考えられます。

それが自殺に繋がったのかどうかは不明ですが、つらい思いをしていて、

睡眠薬を使用したくなり、勘違いして吸ってしまったのかもしれないですね・・。

しかし、睡眠に関してイ・ソンギュン氏はインタビューで以下のように話しています。

ほかの俳優たちは不眠症に悩んでいるというけれど、僕はよく眠れるほうだ。
普段は6時間くらい寝ている。

主演映画「眠り」のインタビューにて

酒や薬物に依存せず、仕事をするときはアラームを設定して起床する。

主演映画「眠り」のインタビューにて

このインタビューでのイ・ソンギュン氏の発言を聞くと、

睡眠にはそれほど悩んでいなかったのかも・・・?!苦笑

3.薬物疑惑報道とマスメディア

自殺につながったと考えられる大きな理由はやはり、

10月から警察調査を受けていた「違法薬物の使用疑惑」ではないでしょうか。

本人は、薬は使用したものの違法薬物(麻薬)だとは知らなかったと容疑を否認していました。

実際に、国立科学捜査研究所の精密検査でもイ・ソンギュンは陰性の判定を受けています。

12月23日に行われた3回目の取り調べは19時間にも及んだそうで、帰宅したのは翌24日…。

そこでも、Bさん側の主張と異なっていたようで、

亡くなる前日の12月26日には、弁護人を通じて

『とても悔しい状況なので、B氏も一緒に嘘発見器での調査を受けて、

誰の陳述が正しいのか科学的に検証しなければならない!』と要請していたようです。

また、取り調べが行われるたびにマスメディアに取り上げられ報道される辛さ

感じていたことでしょう。

何度も行われる警察の調査や、マスコミの報道内容、そしてBさん側との食い違った証言などに

辛い思いを抱え、

ついに耐え切れなくなったことが自死を選んだ最も近い原因かもしれませんね。

イ・ソンギュンの訃報に世間の反応は?

人気俳優の突然の訃報。

俳優としての実力も評価されていただけに世間は悲しみの声で溢れています。

今、ファンたちはどのように感じているのでしょうか?まとめていきます。

数々の人気作品に出演されていた俳優さんなだけにかなりショッキングですよね・・。

心よりご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
まんぷくをフォローする
まんぷくおもろーちゃんねる